I.Yさんは自転車の乗り方が分からない?

いきなりですが、質問です。

「今、自転車の乗り方が分からないと悩んでますか?」

と、それはひとまず置いといて。。。

I.Yさん(46歳)から頂いたメールを読んでみて下さい。

元木先生、少し無沙汰しております。

初めて先生にメール/電話してから早いもので2ヶ月近く。
あの時に聞いた先生の太い自信に満ちた声は鮮明に覚えてます。

今の私ですが、ここまで硬くなるか?十代?というぐらい
カチカチになりサイズも大きくなったように思います。

ホンマに自分でもビックリです。持続力もつきました。

彼女が、あんたはホンマに元気ええなぁと言って
触りにくるのが嬉しくてなりません。

先生にリハトレを教えてもらうまで
彼女にばれないようこっそり飲んでたバイアグラ。

なんであんなもん金出して飲んでたんやろ?
と思えるまで自信がつきました。

半信半疑で初めてメールをしたときの気持ちは
今でも忘れていません。

あの中折れの不安、すぐイク情けなさ
ホンマに何とかしたかったです。

最近、仕事で辛い事が多いのですが彼女の感じている顔
イク時の表情をみてると癒されます。

SEXも自分本意ではなく彼女のためにと思うように変わり
週二回のペースが定着しました。

これからも自信は持っても安心せず
時間がある時はリハトレを行い
衰えないよう努力したいと思います。

それでは先生もお身体にはご自愛ください。

嬉しい言葉、本当に感謝です。

私が教えるリハトレトレーニングはノウハウです。

勃起を回復させ、さらに強く維持するノウハウ。
射精をコントロールするノウハウ。
しっかり感じるペニスになるノウハウ。

すなわち 【体に覚えさせ、身につけること】
二度と同じ悩みを持たない為のノウハウです。

『人間は一度、体で覚えた事は生涯忘れない』

自転車に乗れるようになれば、ずっと乗れる。
泳げるようになれば、ずっと泳げる。

リハトレもこれと同じ事。

だからI.Yさんのように
一度しっかり回復して(覚えて)おいて下さい。

子供の頃、乗り方を覚えた自転車。
今、乗り方が分からないと悩む人はいません。

男の回復とは要はそういうこと。
難しく考えずシンプルに思っておいて下さいね。

男♂特有の悩みは一度経験すればそれで十分。
リハトレは一生モノ。

サッと回復させておきましょう。

ん??

「I.Yさんは自転車の乗り方が分からない?」
もちろん、そんなはずありませんね。

あなたは破けた靴下をはきますか?

北海道にお住まいのSさん(44歳)からのご相談。

現在、バイアグラを使用していますが
肝心な時に下半身に手で刺激を加えないと勃起しません。

ピストン運動をしていると、途中で小さくなります。
挿入をしても気持ち良さが感じないに近いです。
女性の裸を見ても興奮をしないに近いです。

ムラムラ感も依然と比べるとほぼなくなりました。
これから改善するにはどうすればいいですか?

この方は今はもう既に回復されています。

先日頂いたお電話でSさんは

「先生、ソープに行ってきましたよ。
自分の力でビンビンに勃って挿入で射精出来ました。

回復したことは嬉しいけど、何でもっと早く
先生に出会わなかったのかと悔みます。

今まで3人も彼女を逃してきました。

過去に戻れないことは分かってるんですが
出来るなら今の状態で過去に戻りたいです」

と、、、回復は喜びつつも声のトーンは低く…
もちろん私は励まします。

色々とお話しした後

「44歳なんて若い、若い。
福山雅治と同じ年くらいやないですか!
彼女はこれからナンボでも出来ますよ」

この一言で一気に声が明るく笑い声も聞こえるほどに。
ホッと一安心、良かったです。

過去を悔やんでも仕方ないですが
確かにSさんと同じように思ってる人は多いのです。

勃起不全からSEXレスになり離婚にまで発展した人。
(もっと早く手を打っておけば離婚は止められた)

早漏が理由で彼女にフラれた人。
(SEXの度に、不満をもたれてたから)

結婚を目前に浮気をされ、相手に逃げられた人。
(SEXに自信が無いから抱けない、愛情がないと思われた)

別れた原因がSEXだったと後で気付いた人。
(SEXで一度も射精できなったことが女性を傷つけていた)

「もっと早く回復させておけばよかった…」
「あの時に決断しておけばよかった…」
「なんでもっと…」

と多くの人が感じています。

勃起不全、早漏、遅漏の悩み。
解決は一日でも早い方がイイに決まってます。

サッと解決すれば何てこと無い問題です。

でも何てこと無い問題を放っておくから
大きな問題になってくる。

靴下のつま先が薄くなっているのに
放っておいて履き続けたら、必ず穴があいて破けるのと同じ。

脱いだ時にちょっと恥ずかしい思いをしたことありませんか?

もう破けた靴下を履き続けるのは止めましょう。

今の彼女と別れたくないなら
今から彼女を作りたいなら
これからも奥さんを大切にしたいなら
愛人の2,3人作りたいなら

【後悔先に立たず!】

タイムマシーンは夢物語…。

今!決断です。

精力の基本とは!?

暑さが厳しくなってきました。
夏本番、といったところでしょうか。

この季節を乗り切るには、何が大事か!?
それは食事、睡眠、水分です。

(夏に限らず、当り前ですが笑)

しかし、今はこの基本が不規則な人が本当に多いです。
体の為に、今一度この基本を大事に考えてみて下さい。

どうして、いきなりそんな事を言うのか?
この“基本”を大事にしなければ精力が保てないからなんです。

ウナギ、ヤマイモ、オクラ、ニンニク、ネバネバ系全般 etc
これら精のつくモノを出来るだけ、食べましょう!!

そして、人間が生きることに欠かせない

【水】 これをしっかり飲みましょう。

下半身の活力に不安があれば、
まず“基本”を見直して下さいね。

これだけで、精力が戻る人は大勢います。

でもそれだけで勃起力が戻らないのも、これまた現実…。
まして、早漏は…遅漏は…です。

そんな時はいつでも気軽にご相談下さい。

SEXのたびに、

「今日も勃たなかったらどうしよう」

「またアッという間にイってしまったらどうしよう」

「包茎が恥ずかしい」

「なかなか射精できない」

「昔はもっと頑張れたのに」

「このままでは彼女に嫌われる」

「嫁さんが明らかに不機嫌だ」

「いつまでもごまかしきれない」

「まだまだ男を諦めたくない」

と悩んでいては大事な人生、時間が勿体無いですから!

逆転の発想

回復に近づく逆転の発想をアドバイス。
今から言う事をスグに実践して下さい。

それは

【自分だけじゃない】と思う事。

SEXに悩みを抱える人は、周りのことをすごく気にし、
【自分だけが…】と思いこむ傾向にあります。

例えば

「友達はSEXの話題で盛り上がってるのに…」
「70にもなると周りはみんな諦めてるけど…」

「40過ぎても結婚してない、理由はSEXに自信が…」
「周りの同僚や友達は子供も作って幸せそう…」

「俺だけ?あいつはどうなんやろう?」という具合に。

そして

「SEXでイッたことがないなんて俺だけや…」
「俺みたいな症状を治すのは至難のはず…」

「挿入前にイってしまう早漏なんて俺だけや」
「70近くになって元気になるはずがない」

など、自分は特別悪くて治らないと勝手に諦めてしまう。

いやいや、ちょっと待って!

同じような悩み、症状の人は沢山いるのです。

例えば、二十歳そこそこで勃起に悩む。

それは、たまたまその年で悩んだだけ。
今は元気に見える友達も10年後は分からない。

年を若くして悩んだことは逆にプラス。

若い内にきちんとした知識をもち、確実な対処をすれば、
この先ずっと悩む事は無いのですからね。

【自分だけじゃない】

こんな状態、症状は沢山いてる。
これからはこう思って下さい。

人間の特性として、
全く一人だと不安が増すのです。

だからこそ、
他人と一緒と思う安心感も時には必要。

どんな悩みや逆境にあっても、
前向きにプラスに日々を積み重ねていくこと。

これだけで回復にグッと近づきますからね!

後は一歩踏み出せば済む話。
踏み出した後の責任は私がもちます。

楽しく、嬉しく、気持ちのいい事

> 年下の妻がいます。
> セックスに興味がなくなったと言われました。
> 勃起できても、いざ挿れようとすると柔らかく挿入できない。
> この現象が半年前から続いています。
> これが原因かと思います。

その通りです。

SEXを拒む、嫌がる、乗り気じゃないのは男のせい。
SEXを拒む、嫌がるにはそれなりの理由があります。

毎回、挿入前に萎えられたら…
「挿れて欲しいのに、また縮むの…もう!(怒)」

挿入中に萎えられたら…
「やっと感じてきたのに何で…(淋)」

自分の絶頂より早く終わられたら…
「えっ!?もっと気持ち良くないたいのに終わり(悲)」

SEXに対して思いやり、優しさが感じられなかったら…
「挿入ばっかり焦って、嫌だわ(怒)」

いくらピストン運動しても射精しなかったら…
「私がユルイの…、感じないの…(嘆)」

とにかく独りよがりのSEXをしていたら…
「ムードもクソもない!自分勝手だわ」

これだと誰でも拒み、嫌がるようになってきます。

「はぁ…またか。全然、楽しくも嬉しくも気持ちよくもない」
「何となく義理でするだけなら、しないほうがマシ」etc

実際、女性から、このような相談は後を絶ちません。

本当に奥さんを喜ばすSEXができていたか?
毎回、独りよがりのSEXをしてないか?
失敗続きで奥さんに嫌悪感をもたせてないか?

女性はあくまでも“受身”

男がどうあるべきか!これが先。
抱かれるのではなく “抱いてあげる” ですからね。


スポーツに、旅行に、趣味遊びなどなど、
人は誰でも楽しく、嬉しく、気持ちのいい事が大好き。

SEXもそうならないと!

『楽しく、嬉しく、気持ちのいい事』
これを拒んだり、嫌いになる人は絶対にいませんよ。

男ならむしゃぶりつかれる程になりましょう。

ネバーギブアップ

無理に自分を納得させて、SEXを男♂であることを
あきらめてる人が本当に多いな。

あきらめる理由は様々で、

『血圧が高いから』
『糖尿病だから』
『同年代もダメといってるし』
『ストレスが多すぎて』 などなど。

でもこんなことであきらめてたら、
ほとんどの男がSEX出来ないことになる。

またやっかいなのが薬を使って失敗したことのある人。

『薬を使っても上手く出来ない』
『勃起はするけど感じない』
『挿入できても射精できない』
『早漏でとろーっと射精する』

だから俺はもうダメなんやという具合に。

この他にも色んな理由を作って思い込んで、
自分で目の前を真っ暗にしてしまってる。

でも、体、心の不安な点を踏まえて対応し、
きちんと対処すれば、『どうにもならない』と思ってることが
『どうにでもなる』に変わる。

だから自己判断で悩んだり、絶望したりするのは止めて、
相談して欲しいんやね。

特に若い人は将来の為にも一人で悩んだら絶対ダメ。
SEXをあきらめ、オナニーで紛らわしてたら危険。

年いった人もやっぱり生涯現役で頑張るからこそ、
いつまでも活力のある健康がついてくる。

男♂でいることを絶対あきらめたらダメやよ!

 

自分の力に変える術

SEXに自信がもてればどれほど素晴らしいか。
その素晴らしさを思いっきり想像して下さい。

「勃起が不十分でいつもSEXに失敗」が、
→ 余裕をもってSEXに望めるから快感も大きい。

「彼女に逃げられたのも早漏が原因と納得してる」が、
→ 今の彼女は昔、早漏だったなんて夢にも思ってない。

「妻ともう5年もSEXしてない」が、
→ 周りが羨むほど妻がキレイになった!

「彼女の中でイケなくて毎回ケンカになる」が、
→ 同時にイケた後、彼女が嬉しくて泣いていた。

「下半身の悩みが仕事にも悪影響」が、
→ 男の覇気は下半身のパワーだと実感!

「第2の人生を楽しもうと思うが元気が無い」が、
→ 実年齢より若く見られて、よくモテる。

とにかく想像して下さい。

それがあなたの力になり、
おおげさでなく人生が変わりますよ。

頭に入れておくべきこと

悩みを解決したいと思ったら、
次の思考パターンをもって下さい。

1.自分の症状を楽観視しない
2.決して悲観的にならない
3.回復後の楽しい自分を思いっきり想像する

この3つを頭に入れること。

「まあ、何とかなるやろ」と思わず
「ああ、もうダメやあきらめよう」と思わず

『SEXに自信をもって、楽しく過ごそう!』

と思うのです。

これで回復にグンッと近づきますよ。

勃起不全、早漏、遅漏では、
どうあがいても充実したSEXなど到底不可能。

でもその悩みを解決すれば10割の確立で、
充実したSEXが可能になる。

この単純明快な事実も頭に入れておいて下さいね。

備えあれば

田中さん(仮名)とのやり取りです。

↓(田中)

元木先生、初めまして。

34歳になり、彼女と結婚も考えてます。

勃つには勃つし、オナニーは出来ます。
だからEDではないと…。
でもなぜかSEXになるとダメなんです。

これはEDなんですか?

もうだいぶ悩み続けてます。
いい加減、不安が募り相談させてもらいました。

↓(私)

まず、EDか?と聞かれれば完全にEDですね。

でもEDなんて言葉だけの問題でどうでもいいこと。
何にも気にする必要はありません。

それよりも「勃つには勃つから…」と
悪くなっていることを認めたくない思いをもっていませんか。

言葉(ED)を気にするよりもSEXができない現実。
これを直視することが大切です。

↓(田中)

まずは現実を認めないとダメなんですね。
分かりました。

オナニーが出来るから、朝立ちはあるからと、
なんか変な納得をしていました。

↓(私)

いざと言うとき(SEX)に限って役に立たない。
これではどうしようもありません。

「オナニーでは問題なく…」

本来の目的はなんですか?

もちろん彼女と最高のSEXをすること。
決してオナニーで満足することではありませんよね。

「勃つには勃つ」「オナニーはできる」

彼女からしたら、こんなことは【どうでもいいこと】
SEXが出来ないことに変わりありません。

↓(田中)

なるほど、確かにそうですね。
オナニーの時もいいとこ70%ぐらいでした。

それに「練習が目的じゃない、試合で勝つことが目的や!」
学生時代、野球部の監督によく言われてました。

練習でいくら良いバッティングしても、
試合で打った、活躍した嬉しさには程遠いですもんね。

なんかスッキリしました!

スッキリと納得された彼は、すぐ回復に取り組み、
今は試合(SEX)で思いっきりバット振り回してます。

「備えあれば憂い無し」

イザと言う時、役に立つモノ♂になりませんか。

実によく聞く話、その内容

勃起力がない、射精ができない、早漏。
こんなことではまともなSEXができない。

男としてのプライドが…。

女性に責められたり、また逆に「気にしないで…」
と優しい言葉をかけられ男のプライドが傷ついた。

実によく聞く話。

その反面、実は女性の方がもっと何倍も傷ついてます。

「自分に魅力が無いのかも…」
「あの人のプライドを傷つけないようにしないと…」
「自分さえ我慢すれば…」

という具合に辛抱し続けてるのは女性の方。

本当のプライドはこれを自覚し、きちんと回復さすこと。
そして何よりパートナーを大切にしてあげること。

これが男としてのプライド、そして責任ですよ。