快楽のSEXと子孫繁栄のSEX

少子化や不妊

ほんと「子供ができない」という相談は多いな。
みんなちゃんとSEXが出来てないねんな…。

勃起力が不安でのSEXレス。
れが原因での不妊。

勃起はするけど、射精が出来ない。
それが原因での不妊。

勃起も出来、射精も出来るけど、中々子供が出来ない。

パターンは色々やけど、当然ながら基本は

“SEX”

妊娠する為にはSEXが必要。
何度も言うけど当り前。

当り前のことを何故、何回も言うか。それは…
その当り前が出来てない人が本当に多いからなんや。

その当然のSEXには、(女性の排卵日などの話ではなく)
『妊娠しにくいSEX』と『妊娠しやすいSEX』がある。

一応、挿入が出来る硬さはあるけど、
ビンビンの勃起ではなく、射精に勢いが無い。
↑これは『妊娠しにくいSEX』

ビンビンの勃起で、しっかりピストン運動、相手を感じさせる。
射精の勢いも十分!
↑これは『妊娠しやすいSEX』

何故か?女性は十分感じると、
精子を受け入れる準備をする。

その準備が出来た段階で、男が勢いよく、射精する。
精子が奥まで届くイメージやね。

こうすると妊娠の確率が数段高くなるんや。

本来、SEXは子孫を残す為のもの。
それが出来るように誰しもDNAにインプットされとるんや。

勃起するのも、射精が飛ぶのも、女が濡れるのも、
全て子孫を残す為に必要なこと。

本来誰もが、普通に当り前に出来ることやねんな。

そしてもう一つ。
何故、『SEX=気持ちいい』とインプットされているのか?

それは子孫を残す為。

もし、『SEX=苦痛』とインプットされていたら…?
種は絶滅するやろな。動物も人間もSEXせえへんもん。

神様がおるなら子孫を残す為にSEXという行為に
快楽を与えたんやろう。

快楽のSEX。子孫繁栄のSEX。

どちらも男は力強い勃起と、射精の勢いが肝心やで!!
力の弱ってきた男性諸君!今すぐ相談下さいよ。

本当に仲良し!?

セックスレスの人が驚くほど多い。
50代、60代はもちろんのこと、若い世代の夫婦にも多いな。

「セックスがなくても仲良けりゃええやん」
と思う人もおるやろうけど、これは間違いやで。

男が円満と思っているだけで奥さん(彼女)は
心の奥で不満と絶望感をもっとるね。

実際、女性からのそのような相談が後を絶たない。

結局、これが原因でいずれ関係が壊れ、
浮気や離婚に発展してしまう。

長年この仕事をしてきて、そういう夫婦、カップルを
いやっちゅう程、見てきた。

セックスレス。

これの原因のほとんどは男。

『性欲が湧かないし、面倒』
『妻も淡白だから』
『オナニーで十分』
『お互いもう歳だから』

と言う具合。

ハッキリ言うて、こんなんは男の勝手な言い訳。

突き詰めると、自分に自信がないねんな。

勃起しても硬くならへんし、スグに萎える。
早漏や中折れ、射精に勢いが無いといったように。

それに男にとってセックスレスは恐いんや。

運動しないと筋力が衰えるのと同じで、
セックスをしないとペニスも確実に衰えてまう。

勃起が衰えてきても、性欲はあるから、気楽なオナニーで
勃ちが鈍いにもかかわらず、一人シコシコ。

これでさらにペニスを痛めてまう悪循環。

仕事も家族の為に頑張り、会社での地位も収入も中々やのに、
風采悪く、仕事もしていないような男と奥さんが逃げた。

これは私の所に来られた方の実際の話。

そこにはやっぱりセックスレスがあったんやね。

『自分はいいと思っていても相手は違うかったと…』

“セックスレスではダメだ”

と一番分かっているのは誰?
しっかり抱いて、心と体で愛してあげないとダメやで。

しっかり、楽しみ、満足

男の体♂ 『3つのSTEP』 を知ってますか?

STEP 1

100%の勃起とその持続
100%の勃起=(カリがパンパン、サオに血管が浮き出る)

これがSEXの基本。

STEP 2

膣の中でしっかり感じるペニス。
感じるからこその射精コントロール。

これがSEXの応用。

STEP 3

相手の絶頂と同時に、
膣の中で快感と勢いのある射精。

これがSEXの答え。

何事もまずは基本。

基本が出来ていないと応用も答えも無い。
応用や答えに不安のある人は基本を見直すこと。

基本をしっかり、応用で楽しみ、答えはお互い満足。

1.2.3.ダーッ♂ でっせ!!

絶対にしてはいけないこと

今日はある方からのメールを紹介させてもらいます。
(この方は私のところで回復された方です)

元木先生、今日メールしたのはある女性から
セックスの相談を受けた事についてです。

彼とのセックスが上手くいかずに、3年程の付き合いの末、
結局、別れてしまい彼女は深く傷ついてました。
(彼女は以前に離婚、出産経験あり)

その彼は遅漏だったそうです。
勿論、独りの時や風俗では普通に射精できるとのこと。

セックスの時、膣の中ではイケなかったらしいです。
それを、出産のせい、「ユルい」せいにしていたそうです。

彼女曰く、彼はかなりプライドが高く、
話し合いも出来なかったそうです。

それで彼女は深く傷つき、
今では男の人(会社関係)と一緒に飲んだり、
そばに居るのがかなり怖いそうです。

もし、男性と肉体関係に遭遇した場合、
また「ユルい」とか言われるのが嫌で、
とにかく男の人が多い所に足を運ぶのが嫌、怖いそうです。

勃起や射精に問題があると女性は戸惑う、傷つく、
っていう話を元木先生とのメール、
或は元気堂のサイトやブログにありました。
今回は、それを目の当たりにした感じです。

女性を大事にするっていう本当の意味が
分かってなかった典型的な事例だと思いました。

別れる前だったら先生に相談っていうこともあったでしょうが、
いずれにしても、この場合、男の方に問題がありますよね。
人のせいにするのは楽ですし。

元木先生に教わった体のこと、考え方を、
とりあえず彼女に話しましたが…。

あと、もう一つ。

その女性はセックスが無いと
「嫌われてるのかな」って不安になるそうです。

男ばかりでなく、女性もこんな風に思ってるんだな、
求めてるんだなって、改めて思いました。

という内容のメールです。
どう感じました?

ほんとうに女性が可哀想でならん。
『男が女性を大切にする』
その基本が全く抜けとるんやね。

文中に“彼はかなりプライドが高く”とあるけど
こんなもんプライドでも何でもあらへん。

勃起力がない、射精ができない、早漏。
こんなことではまともなSEXができない。
男としてのプライドが…。

女性に責められたり、また逆に「気にしないで…」
などと優しい言葉をかけられ男のプライドが傷ついた。

これも実によく聞く話。

男のプライドが傷つく、その反面、
実は女性の方がもっと何十倍も傷ついとるんやで。

まさにこの女性がその通りや。

「自分に魅力が無いのかも…」
「あの人のプライドを傷つけないようにしないと…」
「自分さえ我慢すれば…」

という具合に辛抱し続けてるのは女性の方。

本当のプライドはこれを自覚し、きちんと対処する事。
そして何よりパートナーを大切にしてあげる事。
これが男としてのプライド、そして責任やで。

それを、よりにもよって女性のせいにするとは…。
もし私の目の前にその男がおったら、思いっきり怒ってる。

実際、店でも怒るときがある。

「そんな考えじゃアカン!」
「根性直してから出直して来い!」

って本当に言うてるからね。

でもそれが“男”(その人)の為なんや。

女性を大切にする基本。
男としての本当の優しさ、強さ。

これがなければ、たとえ体が回復しても何の意味もない。
ここに元気堂の本質(私の信念)がある。

女性を絶対に傷つけたらアカンよ。

優しさをもって、そして力強く、女性を大切にすれば、
その何百、何千倍も女性は男を大切にしてくれるからね。

その差、歴然!!

太ければ太っている分だけ損をする。
見た目で不当に評価されたくなければ痩せる努力を。
周りの視線を力に転じ、己を変えよ。

これは1年で50㌔の減量に成功した、
『いつまでもデブと思うなよ』の著者、
岡田斗司夫さんの言葉。

下半身の問題もこれと同じ。

ただ違うのは、勃起、早漏、射精の悩みは
見た目では分からないこと。

見た目に分からないからこそ、厄介なんやね。

でもようは自分の体。
自ら行動することで充実したSEXができるようになる。

一番の目的は充実したSEXをすること。

「ある程度は勃つからなぁ」
「毎回勃起しないわけじゃないし」
「オナニーでは射精できるから」
「今日は射精まで5分ほど我慢できた」

相手(女性)からしたらこんなことは“どうでもいいこと”
満足のいくSEXが出来ていないことには変わりない。

相手があってのSEX。
相手を満足させてこそのSEX。
自己満足でいいならオナニーで十分。

自分のお腹の肉をつまみながら
「あぁ~痩せないと・・・」と毎日同じことを思って過ごすか、

一歩踏み出し、「おっ!昨日より引き締まってきたな」
と目的に向かって、体の変化を楽しみながら過ごすか。

“一歩踏み出す”この差は歴然やよ。

悩んでいる人は最初の一歩を!!

 

ホップ・ステップ・ジャンプ

勃起、早漏、射精の悩みを解消する3つのSTEP

まず第一歩(ホップ)
それは『今より悪化させない』こと。

骨にヒビが入って全力疾走するバカな人はいてない。
熱があるのにプールに入る人はいてない。
勃起や早漏、射精もこれと同じこと。

第一歩は『今より悪化させない』
これに尽きる。

次に第二歩(ステップ)
それは『イメージする』こと。

「勃起できたらなぁ~」
「もっと射精我慢できたらな~」
「女性の中でイケるようになりたいなぁ~」
と、ただ漠然と思うより

まして

「なんで勃起しないんやろ」
「なんで早いんやろ・・・」
「なんで射精できないんやろ」

と、ひたすら悩み続けるより

この問題を解決して“どうなりたい”のか?
これをしっかりイメージすること。

「パンパン、パンパン」と力強い勃起で相手をイカす。
「もう十分・・・最高、素敵」と相手に言われる自分の姿。
こんな直接的なイメージを。

さらにもっと先を見据えたイメージを。

「セックスに自信がなく、今まで女性を避けがちだったけど、
自信をもって、女性を口説き、モテモテの日々を過ごしたい」

「セックスに自信が戻れば、仕事も上手くいくはずやし、
家庭も充実するはず。嫁さんとの関係も青春時代に!」

『なりたい自分をイメージする』これは重要。

ただ漠然と悩んでても何も前に進まない。
「こうなりたい!」としっかりイメージしてみて!

イメージできれば大丈夫。
最後は思いっきりジャンプ♂すればOK!

ジャンプの方法は私に任せて下さいよ。
ホップ・ステップ・ジャンプ♂で悩みを解消しましょう。

モテる秘訣

モテル男とモテナイ男の違いは何か?

相談にこられたある方は

まったくモテナイ・・・。
今年で46歳になるが、中年太りで頭も少し薄くなった。
しかも6年前に離婚して以来、勃起力の衰えが著しい。
再婚を考えて中高年向けの、
お見合いパーティーに行くけど全くダメ。

最近は仕事にも力が入らず、このまま先細りの人生を
歩むのかと思うと、つくづく悲しくなる・・・。

別に悲観的になる必要ないんやね。

だいたい年齢とか、太っているとか、頭が薄いとか、
そんな事で男の魅力は落ちたりせえへん。

男の魅力、内面的なエネルギーは下半身の力。

確かに年齢とともに体力は落ちてくるけど、
そこで諦めるか、さらにUPさせるかで男の魅力は変わる。

ちょうど35~40歳位がその境目かもね。

長年この仕事をやってきて何人もの男性を見てきたけど、
年をとっても自力の勃起で女性を絶頂に導ける人は、
容姿に関係なく必ずモテる。

まぁ、人間も動物、女性は生殖能力の高い男(オス)
を本能で感じるもんやからね。

最低限の身なり(清潔感など)をきちんとしとけば、
太っているとか、頭が薄いとかの外見は関係ない。

内から湧き出るパワーが何より大事。
逆に外見ばかり取り繕っても悲しいだけやよ。

年齢を重ねてモテル男の魅力を身につけましょや!

なりたい自分をイメージ

もう何年も忘れてないか?
自分本来の硬さ、大きさ、逞しさを!

勃たない自分、早すぎる自分、イカない自分。
こんな異常事態に慣れては絶対にダメ。

悩みを解決してどうなりたいのか?
これをしっかりイメージすること。

「パンパン、パンパン」と力強い勃起でイカす自分。
「もう十分…最高、素敵」と言われる自分の姿。

こんな直接的なイメージを。

さらにもっと先を見据えたイメージを。

「SEXに自信がなく、女性を避けがちだったけど、
自信をもって口説き、モテモテの日々を過ごしたい」

「SEXに自信が戻れば、嫁さんとの関係も青春時代に!
仕事もバリバリ、家庭も充実させてやる。」

「第二の人生を歩むパートナーに出会えた。
力強いSEXで充実した関係を築きたい。」

『なりたい自分をイメージする』
これは非常に重要。

ただ漠然と悩んでても何も前に進まんよ。
「こうなりたい!」としっかりイメージしてや。

人生楽しんでナンボ!
相談待ってますよ!

ポケットの中にはビスケットが…

まいったなぁ~…。

先日、ある年配の女性から電話があった。

女性からの相談は珍しいことじゃないから、
いつも通り電話を受けたんやけど、何かおかしい。

最初からやけに怒ってるし、ヒステリックなんや。

「元気堂さん!あなたのところはどんな商品扱ってるの!
主人は健康面に不安があるのに、
そういう類のモノは大丈夫なの!」

と一気にまくしたてられる。

そんな事いきなり言われてもご主人が誰なのかも分からんし、
そもそも元気堂に来てる人なのかも分からない。

そうすると次は、

「○○○という薬が主人のポケットに入ってたけど、
これの値段はいくらなの!」

ときたもんだ。

○○○という薬なんて元気堂では取り扱ってない。
だからこれも答えようがない。

その旨を伝えると次は、

「だって!その薬と一緒に元気堂の広告の切抜きが
ポケットに入ってるから、おたくでしょ!」

ときたもんだ。

ポケットに一緒に入ってたからって、知らんもんは知らんし。
取り扱ってないもんは取り扱ってない。

その旨を伝えると次は、

「私とはもう何年もSEXがないのに、
こんなもの主人は何処で必要なの!」

ときたもんだ…。

もう、知るか!(呆)って感じやで(笑)

結局、ポケットの中身からご主人の浮気を疑い、
何か手がかりをつかもうと、私の所に電話してきたんやね。

ご主人、切り抜きを持っててくれるのは嬉しいけど、
頼みますよ、ホントに…。

ご主人、何処のどなたか存じませんが、
是非一度ご相談下さい。

外だけでなく奥さんもしっかり愛してあげましょうね。

皆さんポケットの中身にはくれぐれもご注意を(笑)

これ数年前に書いたブログ。

松居一代の話題で思い出してしまった…

ほんとご注意を

“気” 一つ

『ピンチの後にはチャンスあり』

これは誰もが一度は聞いたことあるフレーズやろう。
野球のTV中継見てたら解説者、実況が、
よく言うセリフの一つでもあるわな。

でもほんと確かにその通りなんやね。

満塁や2,3塁で逆転されるピンチを必死に凌いだ後には
必ず好機が回ってきて、ええ結果につながる。

ギリギリ追い込まれた緊張感が反撃のパワーに変わるんやろう。
そこには諦めない気迫と、勝ちたい気持ちがあるからね。

これは男の体も同じ。

いざ挿入というときに勃たなくなったり
勃ってもカチカチにならなかったり
挿入しても射精できなかったり
体力が続かず、ヘロヘロと射精してしまったり
挿入してアットいう間にイってしまったり

こんな失敗が続けば、情けなくもなるし、気持ちも滅入る。

相手にも申し訳なく、自信も失い、
セックス自体が怖くなり、億劫になる。

そんなことを長年続けると意欲自体も、無くなってきて、
『性欲が無い』という錯覚に陥る。

まさにピンチの状態。

でも諦めない気持ち、気迫があればチャンスなんや。

情けないと思った時こそ、前を向いて進まないとダメ。
情けないと思った時こそチャンス、チャンス!

情けない思いに慣れてしまったら、
後に残るのは諦めと、男の放棄。

これでは万年最下位を独走せなあかんようになるで。
男は幾つになっても絶対こうなったらダメやからね。

情けない思い(ピンチ)をチャンスに変え、首位に勃つ♂か。
情けない思いに慣れて、諦めて、最下位↓でおるか。

どっちに進むかは自分の “気” 一つ。

『ピンチの後にはチャンスあり』でっせ。